導入事例

主な導入事例をご紹介いたします。
この他にもたくさんの事例がございますので、お気軽にお問い合わせください。

江戸屋 城北店

名称: 江戸屋 城北店
所在地: 静岡県富士宮市城北町361
電話: 0544-25-7000
URL: http://www.edoya-land.com/

 富士宮を代表するパン屋さんのひとつ、江戸屋さんの創業は、その名の通り江戸時代から間もない明治二年。創業当時は和菓子のお店として営業していたとのことですが、戦後間もなく、国から支給された小麦を使ってパンを焼きはじめ、今に至っています。現在の社長は六代目、その歴史もお店の風格になっています。
 そんな江戸屋さんは富士宮市内に2店舗、伊豆半島の伊東市にも店舗を構えて営業。特にこの城北店では、ケーキづくりも一手に担っています。

 ここ江戸屋城北店には、カフェやギャラリーも併設。常時60種類のパンと10種類以上のケーキ、シフォンケーキをラインナップしています。無添加のため作り置きはできず、人気の商品はすぐに売り切れてしまいますので、お目当ての商品はお早めにどうぞ。また、週に一回(原則金曜日)に焼きあがるドイツパンは、ライ麦からサワー種をおこし焼き上げるもの。若干の酸味を持ったその味は、翌日スライスするのがお勧めとか。
 江戸屋さんでは、あさぎり牛乳を店頭販売している他、パンやケーキの原材料としても活用いただいています。特に、あさぎり牛乳で炊き上げたカスタードがたっぷりのクリームパンは好評。あさぎり牛乳ならではの自然の味を堪能いただける逸品です。

 歴史と伝統あるお店も、その時代に合わせて姿を変えつつ現在に至っています。修行を終え、六代目社長の下でパンを焼きはじめてから二年半。妥協せず、当たり前のことを当たり前に、手間ひまをかけた手づくりの商品をこれからもお届けしていきます。(谷健次郎専務談)

 なるべく地元に愛されるような、シンプルで素朴なケーキづくりを心がけています。向上心を忘れず、よりレベルの高い商品をお届けしていけるよう、精進して参ります。ご予約いただければ、ご要望に応じたホールケーキなどもおつくり致しますので、あわせてよろしくお願いいたします。(谷浩三郎常務談)。

 歴史と伝統に若い感性が加わり、新たな時代に向け羽ばたき続ける江戸屋さんのパンとケーキ。今後がますます楽しみになりました。

江戸屋 城北店 店内
クリームパン
江戸屋 城北店 ケーキショーケース
谷健次郎専務(右) 谷浩三郎常務(左)