• 朝霧高原とは
  • 朝霧乳業のこだわり
  • 商品のご紹介
  • 導入事例
  • 会社概要
  • ニュースリリース
  • お問い合わせ

朝霧乳業のこだわり

あさぎり牛乳について

 あさぎり牛乳は、朝霧高原の自然に包まれた牛たちから搾られた生乳100%でつくられています。工場は朝霧高原の標高約900mの地点にあり、まさに産地内での製造となります。このため、生乳の輸送距離もきわめて短く、新鮮な生乳を扱うことができるのです。

 そんな質のよい生乳の味を活かしてお届けするために、あさぎり牛乳はもちろん成分無調整。何も加えず、なにも引かない、自然のままの味をご堪能いただけます。

 加えて殺菌温度も85℃15秒間という方式を採用し、時間と手間をたっぷりかけてつくり上げられています。あさぎり牛乳が採用するこの殺菌方式は、タンパク質の変性が少なく、生乳の味を活かせる方式です。この方式では、良質な生乳が必要となる上に、時間あたりの生産量も抑えられてしまいます。しかし、古くから乳製品に親しんできた欧米諸国では多く用いられていることからわかるように、自然の味にこだわるなら合理的な方式であると言えます。

 富士山の麓、朝霧高原の良質な生乳を、愛情を持ってていねいにつくりあげた牛乳、それがあさぎり牛乳なのです。

あさぎりの乳製品

 朝霧乳業では、新鮮な朝霧高原の生乳を用いて、乳製品の製造も行っています。しかし、一つひとつの製品をていねいにつくるため、工場規模に見合った、厳選された製品のみを手がけています。

 そんな朝霧乳業から自信を持ってお薦めする製品が、「あさぎり手造りバター」と「ソフトクリームミックス」です。

 あさぎり手造りバターは、その名の通り、チャーン(樽)を使った手造りのバターです。保存料無添加のため賞味期限が長くとれませんが、生乳の質のよさをそのまま製品に活かした自信の一品です。

 ソフトクリームミックスにも、バター同様、朝霧高原の牛乳をたっぷりと使用し、ミルクの濃厚な味わいを存分に楽しめます。味は、「バニラ」「抹茶」「こけもも」の3種類を用意。道の駅朝霧高原をはじめとした販売店舗にて、そのとろける味わいが好評を博しています。

 他にも、あさぎりの生乳を利用したチーズや牛乳を60%使用したあさぎりミルクコーヒーなどの商品がございます。これらもあわせ、商品の詳細に関しては、お気軽にお問い合わせください。

あさぎり製品の流通

 あさぎり製品の流通に関しては、主に静岡県内における宅配、高速パーキングエリアや道の駅、ゴルフ場等での飲食、みやげ用販売、飲食店や食品製造会社への卸供給となっています。朝霧乳業では、生産量の拡大や大幅な変動により品質の維持が困難となることを避けるため、スーパー等の大型店舗での量販は行っていません。

 流通に関しては、可能な限り自社(もしくは関連会社)によって行い、徹底した温度管理をはじめとした品質管理、顧客ニーズへの対応を図っています。朝霧高原での製造からお手元まで、一貫して品質重視でお届けをしています。

 

あさぎり牛乳製造写真

あさぎり牛乳の製造

殺菌機(パネル式)の写真

殺菌機(パネル式)

ビン牛乳充填機の写真

ビン牛乳充填機

バター製造に用いるチャーン(樽)の写真

バター製造に用いるチャーン(樽)

配送車(宅配車)の写真

配送車(宅配車)